スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

ククサ作りに挑戦する(情報編) 

ククサ/コーサ(kuksa)】
北欧はフィンランドのラップランド地方に古くから伝わる伝統的木製カップ。
同地方の原住民サーメ人は常にククサを腰につけて遊牧生活を送っていたとか。
そんな、ククサを贈ると相手に幸せをもたらすといわれています。
しかしククサを自分で自分のために作ると幸せ逃げてしまうとか!?
材料は白樺の瘤(虫こぶ)。
ククサの画像色々


このたび、そんなククサを自分で作ることにしました。

100314395.jpg

Twitterで自作ククサを紹介されていた戯山さん(@Tawamureyama)の影響を大きく受けました。
氏はものすごく器用にいろんなモノを作ってしまいます。
このククサも美しいですが写真も凄い。
戯山 wood carving
戯山さんが作成されたパープルハートのククサ

大御所ulgoodsさん(@ULG)のブログで創作意欲が俄然湧いてきます。
山より道具 杣工房KUKSAキット


さてお次は素材のお話し。
ククサの素材も本来は白樺なのですが、前出の「白樺のコブ」というのがまた入手が難しかったため、これまた@Tawamureyama氏の影響を多分に受けてパープルハートをチョイスすることにしました。

100314390.jpg

このパープルハートという木材はカットしたところを放置しておくと徐々に濃い紫色に変色していくという面白い木で、木目が細かく独特の重厚感を持っています。
しかし、硬い。すさまじく硬い。
カット面のエッジの立ち具合いがはんぱないです。

参考までにいくつか木材の気乾比重(硬度)を紹介します。
1.28 リグナムバイタ(世界一硬いらしい)
1.09 スネークウッド
1.04 紫檀
0.88 パープルハート ←コレ!
0.70 白樺(これが本来の材料)
0.53 アカマツ
0.50 カツラ
0.48 ホオ-朴
0.45 ヒノキ
0.35 ベイスギ(2X4材ですね)
0.20 バルサ
出典:木材図鑑


パープルハートが如何に硬いかということがお分かりいただけるかと。
もしやと思い、購入後に調べて唖然とした次第です。
もっと柔らかい木にしておけばよかったかも・・・

なんか前途多難なくせに、自分で作ったら幸せが逃げちゃうってどういうことでしょう!?
仕方ないので、最終段階前で友人にプレゼントして、少し加工してもらったのちにプレゼントし返してもらうという荒技で自分のものにしたいと思います。笑
お礼には・・やっぱりもう1個作りますか。

100314391.jpg100314392.jpg100314393.jpg
100314394.jpg100314396.jpg100314398.jpg

ここまでで約5日(作業時間9時間くらい)掛かってます。

100314399.jpg

早くも指にはマメとか水ぶくれができてきました。

100314397.jpg

次回は、この硬いパープルハートと格闘する頼もしき相棒(道具)をご紹介したいと思います。


関連エントリー:ククサ作りに挑戦する(道具編)

Love Beer? (゚∀゚)/D


スポンサーサイト
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

この記事へのコメント

ククサ、あまりにも高いので私も作ろうと思ってました。
その後、いろんなblogで自作したという報告をみると、
あ、同じこと考える人いるんだ… と(笑
でも、道具とか木材とかで、実際の売値よりオーバーしちゃうんですよね?

てるさん

何個か作れば元が取れるかも・・・ですかね。
次回、道具編で紹介する予定ですが、新たに購入した工具類だけでも軽くククサ買えちゃいます。笑
でも自分で作ったものは愛着わきますから、まぁプライスレスということで。

Re: ククサ作りに挑戦する(情報編)

ボクもULGさんのところで見て
自作に興味をもっておりますが
とても大変そうですね。
次回道具編楽しみにしております。

S.R.Sさん

外周切り出し以外は電動工具を使わないつもりなので、本当に大変です(^^;;;)
でも完成したら愛着わきそうですよー

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/88-1730f952

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。