スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

ファルクニーベンF1と自作カイデックスシース 

ナイフは男のロマンなんでしょうねぇ。
懲りもせずにナイフを買ってしまいましたので、備忘録を兼ねてご紹介しようと思います。
気になったものは徹底的に調べる習性がありますので、毎度グーグル先生はじめ各サイト様にはお世話になります。

まずは購入動機から。
「釣ったアジを活け締めにしたり、その場で刺身にして食いたい。
山では焚き火の薪を作ったり、釣ったヤマメの塩焼きを食べるため長い竹串を作りたい。」

つまりアウトドア全般で使い勝手の良いナイフが1本欲しいなぁと思ったのが動機です。
ペティナイフじゃ薪は作れないし、剣鉈で三枚下ろしするのもなぁということで。

最後まで候補に残っていたのは
・コールドスチール(Cold Steel)サンマイマスターハンター(SANMAI MasterHunter)
・ファルクニーベン(FALLKNIVEN)F1
でした。
形状も非常に似ていますが、最終的にはファルクニーベンF1(以降F1)となりました。

100314364.jpg

F1はスウェーデン空軍に正式採用された実力派。
パイロットがナイフを使うシチュエーションって、そうそう無いわけですから普段から身につけておくことに支障なく、いざというときに役に立つ。ということが求められるわけですね。
いざというとき=墜落等で脱出せざるを得なかったとき。
このナイフのコンセプトは「すぐにヘリコプターで迎えに行くから、パラシュートで脱出したら焚き火をして待ってて」だそうです。
こういう挿話が物欲をソソるわけです。笑

100314376.jpg

ドロップポイントのブレードは約10.2cm。全長は約21.2cmと手ごろなサイズ。
マスターハンター(23.7cm)よりも一回り小さいですね。
ブレードの素材はVG-10(V金10号)を芯材とした3層鋼。
VG-10というのは、高級ステンレス刃物鋼で高級包丁なんかにも使われています。
実はこれが決め手でした。マスターハンターは若干グレードが落ちてVG-1を芯材とした3層鋼でやや錆びやすい。
ちなみに、一番錆びにくい素材はH1鋼だそうで、スパイダルコあたりが海用ナイフを多く出しています。
また、このF1、実は服部刃物さんという日本のメーカーで作られているそうです。
日本品質が、外国のミルスペックに適合して制式採用というのもソソる話です。

100314367.jpg

さらに特徴的なのは、グリップから突出している鋼材。
このフルタング構造によって、ハンマーで打ちつけるような使い方が可能になります。
太い木でも外周にナイフを打ち込むことで切り倒すことができます。
シートベルトを切って、車の窓ガラスを割るなんて使い方も?
このような構造でないものをむやみに叩くと、グリップが割れたり、グリップとブレードを止めるピンが折れたりしてしまいます。

100314366.jpg

ナイフの背の部分のエッジが立っているのも特徴的。
これはファイヤースターター(着火器、火打石)にも使えます。
刃厚が4.5mmあるので、薪割りにも耐えられます。
いちいち機能的です。

100314365.jpg

標準で付いている皮シースに入れたところ。
しっかりした作りになっていてホールド感も申し分ありません。
ちょっと全体的に迫力がでちゃいますが。

100314371.jpg

そんなわけで、カイデックスシースを自作してみました。
海水で使ったナイフを皮シースに入れるのは躊躇われますが、カイデックスなら洗えますし。

ゴツくない感じでサッと使えて、コンビニに行くときは取り外せるというようなコンセプトです。

100314372.jpg

サビを意識して、ナスカンではなくサイドリリースバックルを採用してみました。
ヒルト(指をガードする部分)の出っ張りがシースに引っかかることで、容易に脱落しないようになっています。

100314373.jpg
100314374.jpg
100314375.jpg

ちょっと写真ではわかりにくいですが、サイドリリースバックルの上はベルトループになっていて、これもベルトをいちいち通さなくても、スナップでループが解放されるようになってます。

データ的には、F1単体で149g、皮シース単体で95g、カイデックスシースが31gでした。

100314368.jpg100314369.jpg100314370.jpg

えー、ちなみに
「釣ったアジを活け締めにしたり、その場で刺身にして食いたい。
山では焚き火の薪を作ったり、釣ったヤマメの塩焼きを食べるため長い竹串を作りたい。」

ですが、F1を購入してから何度か機会があったものの、いずれもボウズとなっておりまして未だ真価は発揮されておりません。
いつになることやら。笑

Love Beer? (゚∀゚)/D




スポンサーサイト
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

この記事へのコメント

出遅れましたが、ナイフ、超かっこいい!
根元の光がいいですね!

あと、自作シースも。
その、コンビニ行くときさっと取り外せるのがいいかんじです。
ベルトにわざわざ通さなくてもいい構造なのもgood。
ほんとにアイディアマンだし器用ですよね~

あ、ナイフは女のロマンでもあります(笑

てるさん

てるさんって、ナイフも好きだし零戦とかビンテージ戦闘機好きだし、結構レアな女性ですよねww
いつかお料理OFFとかナイフ砥ぎOFFとかやりましょー♪

>いつかお料理OFFとかナイフ砥ぎOFFとかやりましょー♪

ぜひぜひ!
ナイフコレクション、持ってきてください!!

戦闘機好きなのは、『エリア88』という漫画を読んでたからです。
『エリア88』の作者の書いた『戦場ロマンシリーズ』(だったかな?)とかも読んだから、
昔の戦闘機も好きだし、戦車とかも好きですね。
松本零士の戦場ものの漫画も持ってるし。
アーミーコスとかも好きです。

でも、全然詳しくないです。
漫画に載っているのしか知らない(笑
それにそれももう忘れてしまった…

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/85-cf0ea8d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。