スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

へたれ奥秩父主脈縦走1(木賊山、甲武信小屋) 

【1日目行程】西沢渓谷-(徳ちゃん新道)-木賊山(2469m)-甲武信小屋

100314216.jpg

長期休暇を利用して、いよいよ「連泊山行」に挑戦してきましたよ。
色々と候補のあった中から、選んだのは「奥秩父」。
奥秩父主脈縦走といえば、東京寄りの雲取山から、ずーっと長野の瑞牆山までハンパない距離です。
これを4泊とか5泊で歩き通す方もおられるようです。
私メは、そんなレベルにありませんから、そのうちのいくつかでも繋いでいけたら良いなと思います。

スタートは甲武信(こぶし)小屋と決めていました。
twitterのアウトドアブロガーさんの中でたびたび話題にでていたので行ってみたかったのです。
小屋から西進して瑞牆山(みずがきやま)に向かうルートにするか、東進して雲取山に向かうルートにするか、小屋で他のハイカーさんに話を聞いてから最終決定したいと思います。

なにはともあれ甲武信小屋を目指してレッツエンジョイハイク!

【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
100314215_20100514195633.jpg

連泊縦走のテント泊だというのに、やけに少ない荷物です。
直前に山小屋HPを観たら「雪あり!要アイゼン!」とありました。
一応パッキングしてあった軽アイゼン<グリベル・スパイダー>では心細いと判断し、急遽、重アイゼン<CAMP・アイスライダー>を外付けしてます。
これによりザックの耐重量ギリギリの10kgくらいになってしまいました。

100314204.jpg

西沢渓谷からスタート。
このあたりの標高でやっと桜が咲いています。
タクシーで来たので、前後に人がいない状態でのんびり登り始めます。
小屋までのコースタイムは5時間と見ていたので、気持ちにも余裕があり色々な写真を取りました。
徳ちゃん新道を通りましたが、適度に緩急あり、展望ありで日帰り/1泊山行でも面白い山だと思います。
夏は渓谷沿いのルートから上がっても気持ち良さそうですね。

100314205.jpg
100314206.jpg
100314207.jpg

天気も最高。ほんと気持ち良いハイキングでした。

2000mを超えた所で雪が出てきました。
最初は日当たりの悪いところに、残雪があるかなというくらいでしたが、そのうちカッチリ凍結路になってきます。
せっかくなので、重アイゼンを装着して登りましょう。
さすが12本爪。グリップ利きまくりで快適です。

100314209.jpg
100314208.jpg

カロリーメイトをかじったりしながら登っていくと、いよいよ木賊山(とくさやま/2469m)に到着。
見晴らしも最高です!
ここまでくれば、甲武信小屋もすぐそこです。

100314210.jpg
100314211.jpg

はい、到着!お疲れビール!
案外あっさりと到着しました。
GPSロガーによると4時間35分/移動距離6.4kmでした。

100314213.jpg

受け付けをすませ、本日の寝床になるツエルトを貼ります。
実はこのとき、まだ13時。笑

100314212.jpg

余力のあるうちに、行けるところまで行ってツエルトビバークという選択肢も考えていました。
ところが、甲武信岳から大弛峠までトレースがないとのこと。
追い打ちを掛けるように小屋主からのビールの誘惑。
もう、ここで1泊決定ですね。
ちなみに、甲武信小屋のトイレ、めっちゃ綺麗でした!

小屋には続々とハイカーが到着してきます。
そんななかで、大弛峠からやってきた人もチラホラ。
話を聞くと、すごく大変だったそうです。
腐れ雪の上に、2日前に50cmの積雪があり、ズボズボだったそうで。
お疲れさまでした&トレース付けてくれてありがとう!

そんな話を聞きながら、ビールや日本酒を楽しみました。

100314214.jpg

小屋泊の人に混ぜてもらい、暖炉の近くでマッタリと。
なるほど、こういうのも山の楽しみなんですねー。
お酒も入って、気が大きくなったところで「なんとかなるか」で、西進ルートの瑞牆山を目指すことに決定!

もし冷静だったら、「アイゼン買ったのは年末だぜ!無雪期に経験した山から雪山挑戦するって宣言してたよね?」「ビーチキャンプでの連泊はあるけど、山行連泊初めてなのに大丈夫なの?」と自問できていたかもしれません。

少なくとも、この日までは「とっても楽しい、奥秩父山行」であったことは間違いありません。

「試練の2日目」に続く。

続き「へたれ奥秩父主脈縦走2(甲武信岳、国師ヶ岳、大弛峠)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/72-67df75aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。