スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

雪から水を作ってデリオスするの巻 

水はとっても大事です。

水がなければ喉の渇きも癒せませんし、カップヌードルも作れません。
水の利用(確保)計画を誤ると、山行を途中で断念せざるを得ない事態になります。
以前、山行中にハイドレーションで主タンクの水を想像以上に飲み過ぎてしまい、山行を途中で断念するといった苦い経験があります。

その点、雪山のいいところは、そこらじゅうに「水の素」が落ちていることです。

実は、近くに水場があるのですが、今回はあえて雪から水を作ってみましょう。

10031420.jpg

【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
まずは、鍋に雪を突っ込みます。
こちらの鍋は1.5Lですが、これくらいの雪で出来る水の量は1L弱といったところ。
呼び水(?)というのでしょうか?多少、水を入れておいてから火にかけたほうが、早くとけるような気がします。
気のせいかもしれません。
スプーンでザクザクしていると、かき氷を思い出します。
これまた必要な行為かどうか不明ですw

10031421.jpg

すっかりとけました。
煮沸まではしていません。
川の水や怪しげな水がベースの場合は、煮沸することが推奨されていますが、まぁ雪なので大丈夫でしょう。

が。
何か底に沈殿してます。
綺麗な雪を集めたつもりですが、結構、ほこりや砂が混じってるんですね。
とりあえず、沈殿した砂などを舞い上がらせないように、「いろはす」の空きペットボトルに上澄みを注ぎます。
「いろはす」じゃなくてもOKですが、ご存知の通り、軽量かつ小さく畳めるペットポットボトルなので何かと重宝します。
また下で紹介しているようなコンパクトになる「じょうご(漏斗)」があると便利かもしれません。

10031422.jpg

ここで終わりません。
なにしろ、奥多摩の雪は大量に「スギ花粉」を含んでいそうな気がするんです。
花粉症の私が、このスギ花粉を見逃すわけにはいきません。
スギ花粉は30ミクロンくらいだそうです。
中国から飛んでくる黄砂が2~3ミクロン。

そこで「スーパーデリオス(40g)」の登場です。
こちら、簡易型のろ過機。
0.1ミクロンの多孔質中空糸膜で不純物をろ過します。

10031423.jpg

実際、ペットボトルに入れた水を良く見ると、なにやらいろんなものが浮遊してます。
夜だったら気にならないかもしれませんが、明るいうちに見てしまうとダメですね。
この「スーパーデリオス」はペットボトルや、プラティパスのクチにジャストフィットします。
ゆっくりペットボトルを押すと、水がツツーっと出てきます。
ちなみに処理前の水を入れる「汚水ペットボトル」は後々混同しないようにパッケージを剥しておくなどしておくと吉。

10031424.jpg

こんな感じにプラティパスに800mlくらいため込みました。超キレイ。

10031425.jpg

そのまま飲むと味気ないので、料理に使ったり、スポーツドリンクの粉末を溶いたり、紅茶を入れたり。
十分「使用に耐える」お水の出来上がり。

使用後の「スーパーデリオス」は自宅に持ち帰って水道水で逆流させ、ゴミを除去したのち自然乾燥させてジップロックへ。
綺麗な水で200Lくらい処理できるということです。
2年くらい使ったら買い替えるペースでしょうか。

これも、防災袋に入れておくと、イザというときに良いかもしれませんね。


こうした「イザというときのために」で買った無駄なものの多いこと多いこと。
一番ヒドいのは、「悪者がロープを伝って襲ってきたときのために買った波刃ナイフ」。
クリフハンガーなシチュエーションなんて、イザでもなんでもないっちゅうねん。笑


スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 雪から水を作ってデリオスするの巻

けんけんさん

相変わらず^^; 楽しい試みをされていますね。

登山は私もやってみたいのですが、なかなか実現しません。登山グッズにも猛烈に食指が伸びておりますので様々な用品を揃えてしまうかもしれません。

時に、水処理といえば、最近観賞魚業界で注目されているものがあります。光触媒の技術を使った商品でPIPチタンボールというのがあります。

もしや、これをあわせて使用すれば、最強の水が出来上がるのではと思いコメントいたしました。

http://www.fujikihan.co.jp/pip.html

http://www.fujikihan.co.jp/effect04.html

では! 

あきさん

あきさん!
このお名前で呼ぶのは久しぶりですねー。笑

さっそく紹介していただいたURL見てみました。
基本、疑ってかかるほうなので(特に熱帯魚関連用品の類はww)、メーカーPRだけでは何とも判断できませんが、面白そうではありますね。
ただ、「処理時間」がちょっとお山向きではないかもしれません。

ぜひ、ディスカス温室に大量導入してレポートを!ww

Re: 雪から水を作ってデリオスするの巻

けんけんさん! どもです。 レス早い。^^;

ちょっと3kgほど買ってみますわ。今100gほど試しているのですが、これはかなり良い感じです。水槽内のヌルヌルがほとんど発生しないのでかなりGOODです。チタンボールを光に当てないとだめですけど。

http://titanball.exblog.jp/page/2/

http://www.aquashop-es.jp/cp-bin/blog/

飲み水利用レポートもこちらにあります↑

てなことで。

あきさん

あーー
チタンよりも、ディスカスをまた飼いたくなりましたがなぁ。
目の毒、目の毒。

光触媒の理屈がまだいまいちわかっていないので、ちょっと勉強してみまーす。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/57-5d72b965

防災用品の検査(非常用水容器)

 夕べは見事な月夜でした。  寒いけどお月見。……ってこんなモノで見たのでは天体
  • [2010/03/31 09:42]
  • URL |
  • においの事件簿 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。