スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

アマチュア無線機(VX-2)を防水にしてみた 

10022947.jpg

石橋を叩きまくっても(安全グッズを買いそろえても)、橋を渡らない(山に行かない)状態になっておりますが、昨年末から欲しかったアイテム「アマチュア無線機」をついにGetしましたよ。
どの無線機にするかさんざん悩みましたが、バーテックススタンダードのVX-2という小型のものにしました。
こちら、生産完了品なのですが、偶然ヤフオクで発見してムフフなお値段で獲得しました。
みての通り、新品同様で付属オプションも未開封のままという良コンディション!

無線機を入手するにあたり、比較したのは以下の4機種。(クリックすると少しだけ拡大)

vertex.jpg

使用目的が「お山」なだけに、気になるのは「重量」「防水性能」「お値段」でしょうか。
当初はほぼすべての機能を満たしていたVX-8Dに惹かれていましたが、別途M-241CというコンパクトGPSロガーを入手することにより、「高機能」は不要となり、あとは防水だけ何とかすれば、軽くて安いに越したことはないと、そのままVX-2に流れた次第です。
VX-3はVX-2の後継機種ですので、いろいろと改良(改善)がなされていますが、基本的なところは大差ありません。

さて、あとはどうやってVX-2に防水を施すか・・です。
ブルジョアな人は、そのままアクアパックなどを購入されるのが良いでしょうww
ただ、純正のホイップアンテナを付けても、それなりの大きさは必要になるかと思います。
コンドームを被せるというつわものもいるようですが、見た目の問題や、取り付け、電池の交換など、色々な点を考慮し、「ジップロック」という解決に至りました。

10022948.jpg

まずは、ベルトクリップを外しておきます。
それから、アンテナは純正のホイップアンテナから、コメット製のSMA24というフレキシブルアンテナに換装。
純正よりも飛び&受けが良くなるということと、枝などに引っ掛けたときにクリアしやすいという点が挙げられます。

10022949.jpg

極細のフレキシブルアンテナ用に、ジップロックに小穴をあけて、本体を封入。
小穴部にはビニールテープを切ったものを貼りつけ防水強化しました。

10022950.jpg

ベルトクリップをジップロックの上(外)からねじ止め。
これで本体の防水は確保されました。
バッテリの交換も、ジップロックを空ければそのまま交換可。
VX-2は乾電池運用ができませんが、予備の電池も安いので行程にあわせていくつか持っていけばOK。

10022951.jpg

そのままベルトクリップを使用して、ORドライコンプサミットサックに付けてみました。
ただ、ちょっとジップロックがワサワサする感じがしますねww

10022952.jpg

そのまま純正のレザーケースに入れちゃいましょう。
本体の傷防止のためにも。
見た目を損なうことなく、防水を獲得することができました。

もともと無線機とGPSを持ちたかった理由は、携帯圏外でトラブったときに、「非常・非常・非常 こちら******。○○山で滑落しました。現在位置は北緯xx度xx分、東経xx度xx分です。」と連絡できれば、捜索隊の御手間をとらせず、ピンポイントで助けていただけるかなと。

これだけの目的であれば、事故に遭遇するまでは使わないので、ジップロックに入れてザックに放り込んでおけば良いのですが、なんかもったいないような気がして。

ちゃんと登山届に行程を書いて、145MHzと433MHz(呼び出し用周波数)をモニターしてますよー、として提出しておけば、付近で遭難された方がいたときの情報交換や、微力ながらお手伝いもできるかなと考えたりしてます。

と、かなり前のめりで書きましたが、実際のところ、どれだけ有用なツールなのかまったくわかりません。
開局申請してますが、まだ免許状が届いていないので、コールサインもありません。

本体+アンテナ+ジップロック+レザーカバーの重量合計は142gでした。素晴らしい!
しばらくは「お守り」がわりに同行させたいと思います。

余談。
先日、秋葉原にいったら年配のご夫婦が「あなた冬山に行くんだから無線くらいもっていきなさいよ」と奥様に促され、VX-8Dのフルセットを購入されていました。
なかなか微笑ましい光景でしたが、アマチュア無線4級はお持ち・・ですよね??

[追記]
このエントリーを書いた日に「無線局免許状」が来ました!
コールサインも決まりました!「J****Y」。

Love Beer? (゚∀゚)/D




スポンサーサイト
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

この記事へのコメント

Re: アマチュア無線機(VX-2)を防水にしてみた

開局おめでとうございます。ボクも35年前に電話級を取得、JR6xxxで開局しました。当時はHF主流で、真空管式のTRIO TS520を中古で購入しました。本当は144/430MHzが欲しかったんですけどね・・・
今はもう免許も失効しているのでしょう。

WillPapaさん

コメントありがとうございます。

総務省の電子申請Liteとやらを使ってオンライン申請したら、2週間程度で開局できました。
コールサインは、JG1xxxでした。
35年前ですか!趣味の王様と言われていた時代じゃないですか!?
今はだいぶ廃れてしまっているようですが。涙

Re: アマチュア無線機(VX-2)を防水にしてみた

けんけんさん

私も20年ほど前に無線の免許をとりました。
JH3xxxでコールサイン?も持っておりました。
ハンディ機やら車載機やらいろいろ買って使っていました。
が、今は全然使っていませんが、どうすれば復活するのでしょうか?ハテハテ。

あきさん

あきさん、毎度どうも。

あきさんが手を出していないわけがない分野ですよね。コレ。笑

昔のコールサインで復活できるみたいですよ。
総務省の電子申請Liteっていうのを使いました。
http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

まだ誰とも通信したことないんです。笑
あきさん是非!

Re: アマチュア無線機(VX-2)を防水にしてみた

けんけんさん

どもです。^^

どうも今しがた色々調べていましたら、4級アマ免許を持っていましたがこれって手続きしないと、5年で失効するのかな?それまでに継続の手続きが必要だったなのかなぁ。
それともコールサインが5年で切れてしまうのかなぁ?ここらが良く分かりません。

コールサイン復活のためにはもともとの免許がどうなっているのか調べないといけません。TT涙。もう一回取り直しになるのかな?

情報求む!!!

あきさん

4アマの「従事者免許証」は終身免許なので、紛失していなければOK。
紛失していても、再発行手続きできます。

「無線局免許状」のほうが5年更新なので、こちらは失効していると思われます。
コールサインも「無線局免許状」にくっついてきますし、使用できる機器も「無線局免許状」に記載のものになるので、今は「免許証(従事者免許証)」は持っているけど、「免許状(無線局免許状)」が無いので使えない状態。ですね。

「無線局免許状」の申請は、前出の電子申請Liteでできます。
・昔使っていたコールサイン
・これから使おうとしている機器の技術基準適合証明番号
・申請手数料2900円(電子申請使用の場合)
ですです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/55-fac311c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。