スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

GPSロガー Holux M-241C 

09123002.jpg

買っちゃいました。GPSロガー。

名前の通り、GPS(グローバル・ポジショニング・システム/全地球測位システム)から得た座標情報を一定間隔でメモリにため込んでいく機械です。
フィルムケースくらいの大きさで重量は単三電池1本を入れても66gと軽量。
購入の決め手は、ただデータを記録するだけでなく、今いる場所の緯度、経度、高度が液晶画面で確認できることでした。
もちろん、移動している方向やスピードなども表示できますが、まず確認したいのは前出の3点。
これと、緯度経度が記された地図があれば、いま自分がどこにいるか特定できる!
使わないに越したことはありませんが、お山で道に迷った時に、これは心強い味方になります。

その他にも面白い使い方としては、GPSログ+グーグルMap+デジカメで撮影した写真を紐づけることで、「いつどこで撮影した写真か」を地図の上から確認できるのです。
これは楽しい!
M-241Cには、このソフトがバンドルされているので、このように簡単にパソコン上で楽しむことができます。

09123001.jpg
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
これは先日、上海に行ったときのログ記録の一部。
お山に行った時も、間違えそうな道の分岐などをデジカメで撮影しておけば、後から地図と一緒に見ながら反省会ができるってことです。

もともとはバーテックスのVX-8Dという無線機(&GPS)を買おうとしていたのです。
でも普通の旅行に260gもする無線機を持っていくのも面倒ですし、ぶっちゃけお高いですし、GPSと無線機はバラで買うことにしました。

M-241Cのいいところは、単三電池で動くということ。
ヘッドライト、携帯の充電器など、基本的に単三エネループで統一しているので、電源の使い回しの良さも購入のポイントになりました。
写真1枚目のへんてこなストラップは、胸ポケットに入れたときに本体アンテナ部を上に向かせるためのもの。脱落防止にも。

さすがに室内や地下鉄では無理ですが、期待以上に衛星を捕まえてくれてました。
この重さとサイズですから、ちょっとした旅のお供にも良いですね。

ちなみに、緯度経度入りの地図は、下記のサイトのソフトを使えば容易に入手可能です。
TrekkingMapEditor

国土地理院の地図に、緯度経度や磁気偏角を載せて印刷できます。
地図読みスキル+いざという時のGPS併用で、ますますお山が楽しくなりそうです♪


[追記]2010.7.27
高度計と言うと、気圧変化で計測するものも多く、大気の状態によってはしばしば「補正」をしなければいけません。
アナログ高度計なんかは山頂の三角点で合わせたりするのですが、どうもM-241はそういう作業をする機能が無いらしいです。
正しく計測されているのかな?とふと疑問に思い、ログの記録を突き合わせてみました。
甲武信岳(2475m)・・・ログの記録では2518m(誤差43m)
国師ヶ岳(2592m)・・・ログの記録では2638m(誤差46m)
奥多摩小屋(1747m)・・・ログの記録では1803m(誤差56m)
40~60mくらいの誤差があるようです。
これを踏まえたうえで地図読みをしなければなりませんね。
地図に緯度経度が書き込まれていれば、それもあわせてチェックすることで現在位置特定はほぼ可能と思いますが。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: GPSロガー Holux M-241C

初めまして。
私もGPSロガーが欲しくてm-241を購入しました。
MacなのでBluetoothでないとデーター転送が面倒なので241です。
まだ山には持ち出せてないので、これからが楽しみです。
この道具を切っ掛けに地形図も読めるようになれたらなぁとも思っております。

nakaさん

コメントありがとうございます。

M-241は小さくて良いですよね!ジップロックに入れて100均一の小さなポーチにカラビナで、ザックの後ろにぶら下げておりますが、いい感じでデータ採ってくれてます。
緯度経度付きの地図とセットでもちあえるけば、イザという時の現在確認はできそうですね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/51-b15c86b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。