スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

ランスキーシャープナーで砥ぎまくる 

IMG_1167.jpg

皆さんはナイフとか包丁はどうやって砥いでいますか?
ちゃんと砥石を揃えて、きっちり角度をキープして砥ぐに越したことはないのですが、結構大変なんですよね。
気軽にスピーディに砥ごうと思ったら、今回紹介するシャープナーセットはなかなかすぐれものですよ!

全然使っていなかった台所の包丁。
ひどいもんです。
なんか、焼きみたいのも入ってしまってますし、この刃の欠け方は悲しくなります。
まぁ普通ならゴミ箱行きが順当でしょう。

【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
IMG_1153.jpg

せっかくなんで、ランスキーシャープナーを使って砥いでみましょう。
ちなみに僕のは「デラックス」という5本組。
荒砥ぎから、仕上げまで揃ってます。
「スタンダード」だと、真ん中の3本がセット(これでも十分!)

IMG_1162.jpg

刃の欠けがひどいので、黒い荒砥ぎでスタートです。

いくつかコツがありまして・・・

■治具のガイドで4段階の角度が選べます。
薄刃のペティナイフなどは鋭角に、肉厚なタクティカルナイフなどは鈍角にすると良いでしょう。
今回は手っ取りばやく刃面をまっすぐにしたいのでちょっと鈍角気味に。
この角度が固定できるというのがとっても楽。

■砥石はスティック状で幅は1cmくらいしかありません。
一か所でゴリゴリすると砥石が部分的に減ってしまいますので、下の写真のように、なるべく広く面を使うように動かしましょう。

オイルを2、3滴たらしてから、バイオリンの要領(?)で。

IMG_1158.jpg
IMG_1159.jpg

表面、裏面を交互に、さらに順々に砥石の番手を上げていく(目の細かいものに)と、こんな感じまで砥げます。
もうこれでトマトを薄くスっと切れますよ♪
さらにシャープにしたければ、角度を一段鋭角にして、荒砥ぎから繰り返し。

IMG_1160.jpg

ちょっと欠点も挙げておきましょうか。

■刃渡りが長いものは苦手。
クランプ(角度を決めるためにブレードにとりつける治具)の取り付け位置から距離があればある程、角度が鋭角になってしまいます。
写真1枚目の一番でかい奴などは、刃先に向かってどんどん鋭角になってるのがわかるでしょうか?

■クランプをはさむところにうっすら傷が付くことも。
金属を金属ではさむのでやむを得ないところもありますが。
これはコレクターさんは耐えられないかもしれません。

そうそう、クランプの位置ですが、これは毎回同じところのほうが良いです。
うっすら傷が付いてしまうようなら、それを目印に。
ナイフの「銘」なんかも位置決めに最適です。
砥いだ角度(何番目の穴か)もメモっておくと、次から効率的に砥げますね。
それこそ、青い砥石1本だけでOKな感じです。

[追記]セロテープなどで養生しておけば傷はつきません。お好みで。

切れないナイフほど危ないものはないといいますし、実用ナイフのメンテなら、コレでまったく問題ありません。
3年くらい前に買ったものですが、貢献度は高くベストバイアイテム間違いなしです。

山に行けない土曜の昼下がりに部屋を暗くしてナイフを研いでみませんか?笑
超キンキンに砥いだナイフを眺めていると・・・危ない危ない!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: ランスキーシャープナーで砥ぎまくる

私もランスキー持っています。
近頃はスパイダルコのトライアングルシャープナーを使うことが多いです。
ランスキーは長ものの時はクランプの位置を何カ所かずらして作業していかないと遠いところの角度がだいぶ変わってしまうのが欠点ですが、小型ナイフには絶大な効果がありますね。
それまで手研ぎで一生懸命やっていたのに、ランスキーを使ったらビシッと決まって、切れるはぴかぴかだは、本当に角度の維持って大切なんだなって思いました。
本当に切れるようになります。
小型ナイフで髭が剃れるか試してみたりもしました。
WENGERなどの焼きの入っていないステンレス刃は切れ味がどうしてもすぐに落ちてしまいますが、材質のいいやつだとそれはもう凄い切れ味になりますね。
とてもいいシャープナーですし、角度の維持の大切さを教えてくれる、勉強になるシャープナーだと思います。

JO1KVSさん

下準備も入りませんし、思い立ったときにすぐ砥げるのも便利ですよね。
スパイダルコのシャープナーも気になっているところです。
こんどアメ横に行ったら実物見てきます。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/48-5025e271

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。