スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

大菩薩連嶺縦走記2(北。湯ノ沢峠避難小屋~大菩薩峠) 

初見の方は、こちらの「縦走記1」からご覧になることをオススメいたします。

湯ノ沢峠避難小屋(5:00)→黒岳(6:20)→小金沢山(8:10)→大菩薩峠(9:50)→大菩薩の湯(12:30)
行動時間 7時間30分

09102101.jpg
ISO400 Tv1/100 Av8.0 手持ち撮影

綺麗でしょう!白谷丸から撮影しました。
朝日が顔を出した直後くらいの富士山です。
パノラマでみると左手には雲海や日の出なんかもあったりして、しばらく見惚れていました。
縦走記1で踏破した山々が手前に写っていて感慨深さもひとしおです。

ただ、避難小屋からココまでの1時間が結構大変。

【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
まずはササ藪の中、細くえぐれた急坂を登ります。
それもヘッドライトつけて真っ暗やみの中。
昨晩の雨や朝露の影響で濡れまくりです。レインウエア必須。
そのあと、ザレ場が待ってます。巨石の崩落跡の脇を登ります。
朝イチでかなり体力を消耗してしまいました。

今日はこの後、黒岳<1987m>を経由して大菩薩峠を目指します。
白谷丸から黒岳、川胡桃澤ノ頭まではすごく雰囲気が良いです。
倒木や岩は苔むしており、広葉樹の間を縫うように歩きます。
落ち葉や倒木でちょっとトレイルを見失いそうになりますが、そこは枝テープさえしっかり見ておけば大丈夫。
今回の2日の縦走のなかで一番気持ちよいトレイルでした。

09102102.jpg

ここまでが気持ちよいトレイルってことで、このあとが大変。
ササ藪です。それも濡れまくったササ藪。腰高くらいあります。
ザッシュザッシュ行くしかありません。
枝テープと「なんとなくこれが道かな」というようなところをかき分けて進みます。

09102103.jpg

ちょっと開けたところで自分撮り。

09102104.jpg

でも、またすぐにササ藪が始まります。
この写真の道は全然わかりやすいですね。

09102105.jpg

そうこうしていると、小金沢山<2014m>に到着。8:14。
小金沢山の紅葉をフレームに富士山をパチリ。
今回「大菩薩連嶺縦走」というタイトルにしましたが、
湯ノ谷峠を境いに「南小金沢連嶺(~滝子山)」「北小金沢連嶺(~大菩薩嶺)」と言ったりもするみたいですね。
確かに、このお山は素晴らしいです。
到達するのも大変ですが、見晴らしも大変よく達成感のある山でした。

さらに歩きます。
ちょっとすると小ピークに年配のパーティが朝食を広げていました。
「もう30分頑張れば小金沢山で超見晴らし良いのに、もったいない・・」と余計なことを考えつつ、気持ちよく挨拶して通過。
この辺りから、ちらほら人を見かけ始めます。
大菩薩峠から上がってきた人たちでしょう。

09102106.jpg

湖を左下手に見ながら、登ったり下ったりしていると、急にザワザワしはじめます。
気がつけば大菩薩峠に到着してました。9:52。
この近辺は山荘も充実していますので、年配ハイカーやファミリーハイカーも多く見かけます。
天気も良くて湖も富士山もばっちり見えてます。
みんな楽しそう♪

09102108.jpg

さて、ここでちょっと早い昼食。
フリーズドライのカレーと、アルファー米を組み合わせた、UL(ウルトラライト)カレーを試してみます。
詳細は後日別エントリーでご紹介しますが、「超ウマイ!」です。
次回の山行も確実に持っていくことになるでしょう。

09102107.jpg

そして、山荘で購入したビール。(なんでドライなんだよ・・ちっ)
ここは山荘の人が車でアクセスできるためか、お値段は若干お安く400円。
富士山と湖と楽しそうなハイカーを眺めながら、ぷしゅっ!

きたきたきたぁー!

ゴォール!ゴール!ゴール!ゴォォォォルゥゥ!

2点目入りました。


ふぅ。さてと大菩薩嶺<2057m>行く?
なんか百名山らしいけど、展望良くないらしいし、別にいいよね。
それより温泉入りたくない?

なーんて、自分と都合のよい会話をしながら、もう完全に気分は「クダリストモード」。
福ちゃん荘、ロッジ長兵衛を通過する最短ルートを通って、ガシガシ下ります。
大菩薩登山口BSもスタスタと通過して、12:37、ゴール地点の「大菩薩の湯」に到着!!

はぁ、やっぱシメに温泉を持ってくると癒されますねぇ。

09102109.jpg

温泉のあとはもちろん・・・

キヒー!!

ゴォール!ゴール!ゴール!ゴォォォォルゥゥ!


ハットトリック達成です!
って、どんだけビールが好きなんだという話ww

この後、ビール、日本酒などを楽しみ、バスで塩山駅へ。
ちょうど良いタイミングで「かいじ」が来るので、飛び乗ってみれば、なんとTwitter/Friendの某blog主様と偶然遭遇。
主様はさらに濃ゆい山を楽しまれていたご様子。


いろいろなグッズも想像以上に活躍してくれたし、山飯も景色も大満足なビール活動山行となりました♪
なんか、写真が富士山ビールばかりですみません。笑

--
サコッシュの使用感レポ、追加してみました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんばんは。

記事最高でしたよ。写真もきれいですね。
後、さすがにビールを飲む描写はすばらしい
ですね。こちらも飲んだ気持ちになりました。
ここは私も歩いたことがありますが、展望
が良いので気持ちよい山歩きが楽しめますね。

また楽しみにしてますよ。では。

kaikom様

コメントありがとうございます。
大菩薩連嶺は僕も気にいりました!
そのまま小菅(奥多摩)に抜けても面白そうですし、トラブったら結構エスケープできますし。

雪装備を持っていないので冬季はビール活動は縮小してしまうかもしれませんが、また遊びに来てくださいねー。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/23-bcbdf89a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。