スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

ボール盤の改造(1)Z軸微細送り編 

大きいボール盤とクロスバイス(XY軸微細送りができる万力)を買ったので、Z軸も微細送りできるように改造してみました。
Z軸が固定(微細送り)できると、エンドミルやフライカッターなど、フライス盤のような使い方がある程度できるようになります。

とりあえず、完成までの流れを動画にまとめましたので、ニコニコアカウントがある方はご覧頂けると幸いです。



まず、魔法のインキ(懐かしい)の太マジックで、厚み10mmのアルミ板に着色します。

DPP_0909.jpg

青く塗っておくと、ケガキ針やノギスで傷をつけるように線を書くことができるようになります。
必要なパーツの寸法を書きだしておきます。

DPP_0910.jpg

直径10mmのアルミ棒から切り出したパーツや、ラジコンの部品(ユニバーサルドライブシャフト)、ベアリングなどを用意します。
このくらいの加工であれば、普通のボール盤でもできます。

DPP_0911.jpg

大物部品も切り出しました。
大きな丸穴を抜くのがかなり面倒でした。
外見はあまりきれいではありませんが、実用機能を満たしていればOKということで妥協。

DPP_0912.jpg

使っていないタイミングプーリー(3千円くらいする涙)も、ハンドルにしてしまいます。
これでひと通りのパーツが揃いました。

DPP_0908.jpg

ボール盤の側面に2つネジ穴を開けて、パーツを取り付け。

DPP_0913.jpg

これで、XYZ軸の微細送りが可能になりました。
動かしている様子は動画でご覧ください。

DPP_0914.jpg

最大で15mmくらいのZ軸送りが可能になりましたので、これで作れるもののバリエーションが増えそうです。

Love Beer? (゚∀゚)/D


スポンサーサイト
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

この記事へのコメント

部品の名前を教えてください。

はじめまして、よろしくお願いします。

こちらのページを見つけて、ボール盤改造の参考にさせていただきたいと思います。

ページの一番上の画像(動画)を除いた3、4、5枚目の画像にある、T字に動力を変換させている部品の名前がわからなくて。

いろいろ、調べたのですが、ぜんぜん見つからなくて困っています。もしよろしければ、教えてください。

よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/181-1b954763

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。