スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

100円均一で作る炭熾し器 

炭熾し器(チャコスタ)を自作してみました。
まぁ買っても千円ちょっとですが、こんなん百均の材料を使えば近いものはすぐに作れますよ。ということで。

用意するのは、網とオイルポットです。
これはキャンドゥで買いました。

DPP_0771.jpg

まずはオイルポットの底部に穴を開けます。
1cmくらい残して丸く繰り抜いた後、1cmくらいの間隔で切り込みを入れていきます。
金切りバサミが無ければ、100均のキッチンハサミでも何とかなります。

DPP_0772.jpg

次に網を切り抜きます。大きさはポットの底面よりも一回り大きめに。
これはさすがにニッパーなどを使ったほうが良いかもしれません。
底面よりも少し小さくなるように、端を90度に折っていきます。

DPP_0773.jpg

底部に網をはめたら、ひだになっている部分を中に折り込むようにします。
これでポットと網が固定出来ます。

DPP_0774.jpg

揚げカスとりがついていましたが、これも有効活用しましょう。
メッシュ部分を切り取ってしまい輪っかにします。

DPP_0775.jpg

先ほど織り込んだ底部に輪っかをはめて強度アップ。
特に接着剤やリベットなど使わなくてOK。

DPP_0776.jpg

備長炭を4、5本入れて、ガスコンロで5分も炙れば綺麗に着火します。
面倒くさい備長炭熾しもこれでラクラク。

DPP_0770.jpg

くれぐれも室内で炭を使う場合には換気に気をつけてくださいねー

Love Beer? (゚∀゚)/D

スポンサーサイト
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/176-a1957c6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。