スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

彫金タガネを自作してみたけど失敗したの巻 

実は、最近「ナイフ」の自作を始めたんですよ。
コレについてはまた改めてご紹介したいと思うのですが、今回は派生記事(それも挫折の記録)となります。

100314693.jpg

やっぱりピスネームもそうですけど、自分で作ったものには名前を入れたいじゃないですか。
ナイフなんかもカッコいいレーザーマーキングなんか入ってますよね。
でも、どうせなら日本刀の刀匠のように「銘」を入れてみたいなーなんて思いまして、色々と調べてみました。
この銘を入れる道具がタガネというのですが、本職の方々はMyタガネを自作されるということで、ちょっと身近な材料で試してみることにしました。

まぁ結果的に「失敗」ですので、ダイジェストということでww

まず用意したのは「六角レンチ」。
これもペンチなんかじゃ絶対曲がらない硬さなので期待できます。
100314685.jpg

こいつをまず加工しやすいように「焼きなまし」にします。
プリムスのP-153に乗っけてガンガン加熱。
真っ赤になったら、そのまま放置して冷まします。
100314686.jpg100314687.jpg

そうすると、ダイヤモンドヤスリなんかでキコキコして切れてしまうんですね。
最近はこういう状態のことを「マミる」というらしいですw

100314688.jpg100314689.jpg

六角レンチを四角く成形した後に、耐水ペーパでざっくり刃をつけまして、再び加熱。
真っ赤になったら水の中にぶちこんで「焼き入れ」。
(この工程を失敗したのかなぁ。。。)

100314690.jpg100314687.jpg100314691.jpg

砥石で刃をつけて完成!
それなりの雰囲気にはなっています。

100314692.jpg

ところが。。。
ナイフ本体(VG-10鋼を使っています)には、それこそまったく「刃が立たず」。
ヒルト材のニッケル鋼はかろうじて彫れましたが、すぐさま刃が丸くなる始末。。。orz

100314694.jpg

タガネにする鋼材の選定を間違えたか、焼き入れ工程を失敗したかだと思うんですけど、惨敗です。
「お前にはまだ”銘”はやい!」ということなのでしょう。

当面はナイフ作りに専念することにしたいと思います。

Love Beer? (゚∀゚)/D




スポンサーサイト
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://activek2.blog91.fc2.com/tb.php/127-7f6a46a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。