スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

アルミ板で軽量マグ蓋を作ってみた 

スノーピーク450シングルチタンマグ。
お使いの方も多いと思うんですけど、蓋が欲しいなと思ったことありません?
ガレージメーカーなどで見かけることはありますが、ちょっとお高いんですよね。

100314459.jpg

そんなわけで、作ってみました。
アルミ板を切って叩いて穴あけて。
自分用の試作なので、クオリティはそれなりですw

もともとはスノーピーク「極」で別売りになっているチタンの蓋を使ってたんですが、450だとブカブカなんです。
ちなみにこの「極」のチタンの蓋は20gなのですが、今回作ったアルミ蓋は8gでした。
いろいろとスッキリ!

100314461.jpg

外周の1/3がカップの淵を抱え込むように曲げてあるので、引っ掛けて逆サイドを押し込むとカポっとホールドされます。
中身入っていたら無理ですが、空だと持ち上がるくらいの嵌りかた。

100314460.jpg


ついでに、こんなものも作ってみましたよ。
シェラカップの蓋。
これもなかなか売ってませんよね。

100314458.jpg

こいつはちょっと工夫して、ハンドル部分に引っ掛けるところをリベット留めしています。

100314455.jpg

これもカップの先端のほう1/3は抱え込むように曲げてますから、蓋がスライドするようにシェラカップにはまります。
外す時はグリップを握りながら、親指で蓋を前に押せばスライドして外れます。

100314456.jpg

あとは外周を綺麗に叩いて成形して、湯切り穴を開けたら出来上がり。
ちょっと枝豆を茹でて湯切りしたいときなんかに便利そうです。

100314457.jpg

そうそう!
450マグにしてもシェラカップにしても、当たり前ですが蓋があると沸騰までの時間がだいぶ短縮できます。
湯切り穴からシュポーっと湯気が出てきたら沸騰完了。

0.5mmのアルミ板は板金ハサミでちょきちょき切れるし加工しやすいので、蓋でお悩みの方は試してみては?

100314454.jpg

Love Beer? (゚∀゚)/D





【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。