スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

コールマン200Aのランタンリフレクターを自作してみた 

IMG_6396.jpg

基本的に人気のないところにしかキャンプしに行きませんが、それでもお隣さんがいるケースもあるわけで。
ランタンの光害を少しでも減らすためにリフレクターを作ってみました。

IMG_6362.jpg

材料は、高さ10cmくらいのチャイナ風防の余り。
チャイナ風防、そのままだと長すぎるので、3片くらい外すと使い勝手がよくなります。
この余りを使いましょう。

IMG_6363.jpg

パタパタしないようにニッパーで連結部を軽くカシメます。

IMG_6364.jpg

適当なアルミ板(なければ風防からもう1片外して、それを切ってもOK)からアームを切り出して、ランタントップのネジ径に穴あけします。
トップのネジは締めこまないのがお約束なので、アルミを2つ折りにするなどすると良いかもしれません。

IMG_6365.jpg

あとはカチャカチャとリベットで接合するだけ。簡単。

IMG_6381.jpg

こんな単純なものでもしっかりリフレクトします。

IMG_6379.jpg

Love Beer? (゚∀゚)/D



【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
スポンサーサイト

ヘリノックスチェアの脚沈み対策 

小型軽量で割と体重重めでもOKというナイスなヘリノックスチェアですが、砂地などのやわらかい地盤だと脚が沈み込んでいく問題があります。
この対策品をDIYしてみましたのでご紹介。

IMG_6359.jpg

用意するものは、
・キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 火吹竹40cm(アマゾンで300円くらい)
・パラコード(ガイライン)1mくらい
・コードストッパー1個

IMG_6358.jpg

火吹竹40cmは少々長いので6cmくらい短くカットしまして、半分に割る。
竹の中央脇に穴をあけてパラコードを通す。
一応、割れ防止に両端にダクトテープを巻く。(無くても大丈夫かも)
こんな感じに、割った竹の上に椅子を置くとくぼみの大きさもぴったりです。

IMG_6356.jpg

パラコードのもう一方も同じように作り、中央にコードストッパーをつけて軽く締めこみます。
こうするとチェアを持ち上げても竹が外れることなくくっついてきます。
コードストッパーが無ければ自在金具でも、ロープワークでもなんとかなります。

IMG_6355.jpg

先がしゃくれていたら、そのままソリになりそうですねw
まだハードには使い込んでいませんが、今のところ目的の機能は果たしています。
数百円で作れて重くもありませんので、なかなか良いDIYだったのではないかと思う次第です。

さらに軽量かつ「タダ」でやるなら、ビール缶の底を4つ切り取って脚下に置くという方法もあります。
椅子が容易に移動できないことが難点ですが。。。

Love Beer? (゚∀゚)/D



【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

折れたスポーク捨てんといて! 

【マミる】某アニメキャラが敵に襲われて頭が取れてしまった様。

よくあることですが、みんな大好きLIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)のスポークがマミってしまったわけですよ。

DPP_0040.jpg

正直、フォークのほう(なんかナイフ的な機能もある)はあんまり使わないので不要なのですが、かといってマミったスプーン部だけをUL的に持ち歩くのも格好悪いということで、簡単にリペアしたいと思いマフ。

瞬間接着剤とかエポキシとかいらんですよ。
そこら辺にあるストーブ(バーナー)を着火して、両手にそれぞれ折れた部材を持ち、同時に炙る。
適当に溶けたら押しつけるようにくっつける。これだけ。

DPP_0041.jpg

あと、溶けてはみ出したところが気になればカッターなんかで適当に成形。
これで、折れる前に近い強度で復活できますよ。

DPP_0042.jpg

いざ、お山に登ってお昼食べるときに「マミったー!」ってことになったら、あわてず熱溶着してください。
炙りすぎると、燃えたりガスがでますので、そこら辺は自己責任で。

Love Beer? (゚∀゚)/D




【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。