スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

根付的なストラップを作ってみた 

DPP_0805.jpg

少し時間があるときの手慰み的な感じで、木工をやってみました。
木像にするか悩みましたが、どうせなら実用的なものが良いかなと思い、根付を。
根付の定義は「紐を通す穴があるかどうか」らしいので、今回作ったものも根付と言ってしまってよさそうですが、クオリティー的にまだまだなので、「根付的」ということで。

根付といえば、象牙や硬い木を使うようなので、手近にあった縞黒檀と、枇杷の木を使うことにします。
もともとチェスの駒を作ろうと思って切り出しておいたのをそのまま転用。
どちらの木もえげつなく硬いですが、完成に近づくにつれ硬くてよかったと思います。
手慰みが目的なので、リューターなどは使わず、ノミと彫刻刀だけでちまちまとやっていきます。

DPP_0806.jpg

見よう見まねで作ったので、テクニック的なものは全く紹介出来ません。
数をこなせば上手くなるかなぁと思っているのですが、どうなることやら。
テクニックではないですが、「彫刻刀の砥ぎ」これめっちゃ重要!
作業効率が格段に違ってきます。


『縞黒檀丸鼠』
ネット検索して「これだ!」と見つけた奴の模倣。
ただ、どこぞの教会の絵画をおばちゃんが修復したくらいのかけ離れたクオリティに失笑するやら愕然とするやらw

DPP_0795.jpg
DPP_0791.jpg
DPP_0792.jpg
DPP_0793.jpg
DPP_0794.jpg
DPP_0799.jpg
DPP_0800.jpg
DPP_0796.jpg


『枇杷蛙茸』
これは枇杷の木の雰囲気をつかむためにキノコを彫ろうと思ったら、ふと蛙もくっつけてみたくなったというオリジナル作品。
縞黒檀より若干ですが加工性は良いかなというところ。
でもめっちゃ硬い。

DPP_0797.jpg
DPP_0798.jpg
DPP_0802.jpg
DPP_0801.jpg
DPP_0804.jpg
DPP_0803.jpg
DPP_0807.jpg


また、いくつか作ったら紹介したいと思います。

Love Beer? (゚∀゚)/D



【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
スポンサーサイト

ハウルの動く城から、「ソフィーの杖」を作ってみた 

みなさんこんにちは。
今回は杖を作ってみようと思います。

DPP_0730.jpg

杖といっても、作るのはこちら。
ハウルの動く城で出てくる「ソフィーの杖」です。
おばあさんにされてしまったソフィーが、山の中で、魔法にかけられたカカシのカブに持ってきてもらった奴。
実に不気味ですねw

DPP_0718.jpg

DPP_0713.jpgデザインを起こしました
DPP_0715.jpgラフな設計図も書きました
DPP_0726.jpgメープルのブロックにデザインを転写
DPP_0721.jpg切り出してからは小刀で造形
DPP_0728.jpgひたすら造形

仮組みで手頃なワッシャーを目にハメこんでみました。
良い感じですw

DPP_0719.jpg

DPP_0733.jpg20mm砲の空薬莢を用意します。砲金です。
DPP_0722.jpg鉄ノコで切断
DPP_0725.jpg研磨したらピカピカ
DPP_0727.jpgヘッドも形にあわせて削りだし

ぴったりハマりました!
ヘッドとシャフトのジョイント部の装飾に砲弾を使うアイデアw

DPP_0729.jpg

DPP_0731.jpg取り外しできるようにネジ式に。
DPP_0711.jpgw1/4インチネジを採用。(カメラマウント規格)
DPP_0737.jpgカメラをつけたら一脚がわりに。
DPP_0732.jpg16mmドールアイをぶった斬り、後でエポキシ接着
DPP_0712.jpgカシューを塗り&磨きを数回繰り返し
DPP_0714.jpg3種のコンパウンドで徹底研磨
DPP_0716.jpg

目を接着して「ソフィーの杖」が完成!
ぶきみ!

DPP_0720.jpg
DPP_0723.jpg
DPP_0724.jpg

シャフトは縞黒檀の木を冒頭の写真のように内丸の豆鉋で削りだしました。
重いけどとても丈夫!

DPP_0734.jpg

ゆっくりボイスの解説付きでメイキング動画も作ってみました。
ゆっくり観ていってねー




[追記]
これもって電車に乗るのはさすがに恥ずかしかったので、3ピースに分割しました。
ジョイントはw1/4インチのねじ込み式。
ついでに帆布でキャリングポーチも作りました。
DPP_0738.jpg

Love Beer? (゚∀゚)/D






【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)

アンティークミシンのケースを作る(できあがり編)  

いよいよ完成したミシンケースをご覧いただきましょう!

DPP_0611.jpg


光の当て具合で、マホガニーの杢の見え方が変わって綺麗。

寸分の狂いもなく収まりも完璧ですよ!

DPP_0612.jpg


アンティークな感じではありませんが、2800円もする取っ手もカッコいいです!

DPP_0610.jpg

上下の連結にはこちらもタキゲンさんの「パッチン錠」を採用。

DPP_0609.jpg

フラップデスクを開いたところ。
この折りたたみのギミックは悩みました。。

DPP_0615.jpg

こんな感じでフラップデスクが動くので、寝ても立っても角がぴったり。
この動きは普通の蝶番ではできません。
動く際に当たるところをRに切削していないところにも注目です。

DPP_0616.jpg

ギミックはこんな感じ。

DPP_0618.jpg
DPP_0604.jpg

細長い口の形をした部材を連結金具としているのですが、フラップデスクの内部にΦ5mmのスプリングが仕込んであって、8mm程度この連結金具が「伸びる」しかけにしてあります。
このため、折りたたむ時には連結金具が伸びて可動域を確保するので、角をRにしなくても大丈夫と。
ひょっとしたら、世の中には便利な部材が有るのかもしれませんが、ここは完全独創で作りました。
ちゃんと目的通りの動きをしているのでヨシ。


そんなわけで、構想1カ月!アンティークミシンのケースができました!

DPP_0608.jpg


長々と5回に渡るエントリーにお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

余談ですが、ミシン単体で13kgあります。
今回作ったミシンケースが12kgあります。
合計で25kg。。。重さゆえに門外不出となりそうですww


あー!ビールが美味い!キヒーーーー!!

DPP_0619.jpg


関連エントリー: 土台編
関連エントリー: 上ケース編
関連エントリー: 突き板編
関連エントリー: ロゴマーク編
関連エントリー: できあがり編 ←今ご覧になってます。

[追記]
ダイジェスト動画作りました。



Love Beer? (゚∀゚)/D



【アフリエイトについて】
当ブログをご覧いただきありがとうございます。当ブログはエントリー内容に関連する商品をアフリエイトとして紹介しています。 エントリー最下部に表示されているサムネイル(商品画像)をクリックすると、Amazonの当該ページが開きます。こちらが「アフリエイトリンク」となっており、開いたページを通じて、Amazonでお買い物をしていただくと、売り上げの3~4%程度を広告協力費として、ブログ主がAmazonから頂ける仕組みです。(ご覧頂いた方のご負担が増えるということはありません) ブログをご覧いただき、「お、ちょっと面白かったぞ」と思われましたら、その勢いでAmazonでお買い物をしていただけると、大変ありがたいです。 収益は次なる創作活動への資金に充てさせていただきます。(けんけん)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。